チャットアプリで知り合ってラインを交換していい感じでデートが決まっても、

最初のデートでミスるとあとはありません。

一般的なことですが注意すべきことをまとめたので

参考にしてみてください。

吊り橋効果は本当にあるのか?

吊り橋効果と言えば、誰もがどこかしらで聞いたことがあるテクニックですよね?

ぐらぐら揺れる吊り橋を異性と2人で渡ることで、その橋を渡るドキドキを恋愛のドキドキと勘違いすることがあるという、あの吊り橋効果です。

でもそもそもで、吊り橋なんてものは、そんな簡単にみつかるものでもなく、なかなかこのテクニックは使いドコロがないと思われがちです。

吊り橋効果を実践する為のシチュエーション

吊り橋効果は、なにも吊り橋ではないと意味が無いわけではありません。

ドキドキして緊張するといったシチュエーションがあれば何でもいいわけです。

  • 暗い映画館でのホラー映画の観賞。
  • 絶叫マシーンに一緒に乗る。
  • お化け屋敷を2人で歩く。
  • ちょっと不慣れなスポーツを一緒にやってみる。

などなど、ちょっと考えれば色々あるわけです。

また、相手の左側に立って話したり、暗闇を有効活用すれば、身近なシチュエーションでも、ドキドキを演出できるでしょう。

これらを上手に使いこなせば、恋愛の成就する確率も上がると言えます。

吊り橋効果の問題点とは?

しかし、吊り橋効果には大きな問題が2つあります。

問題点 その1. ある程度仲良くなる必要がある。

ある程度仲良くなって、デートに誘えるような段階でなければ、意図的に吊り橋効果を演出するのは、突発的な事故でもない限り、なかなか難しいのです。

ですので、まだ相手女性と仲良くなっておらず、デートにも誘えない状況では、吊り橋効果を使うのは難しいとも言えます。

問題点 その2. 吊り橋効果だけでは上手くいかない

吊り橋効果に頼るだけでは、なかなか彼女にするという段階までこぎつけるのは、難しいでしょう。

あくまでも、他のモテテクとの組み合わせで使う技の一つとしてカウントしておきましょう。

また、吊り橋効果がきっかけで付き合いだしたカップルは、単なる勘違いによるドキドキで付き合っている為、別れるまでも早いとの声もあります。

ですので、しっかり男性としての魅力で勝負しておきながら、合わせ技として吊り橋効果も使うと覚えておいてください。

 

オシャレな店で食事する時に気をつけたい行動

気合を入れたデートなどで使う、オシャレな店で食事する時に気をつけたいモテない行動があります。

これらを理解していなければ、せっかくの良いお店での食事も台無しです。

ひとつひとつ例をみながら、自分は同じミスをしていないか?

今後もミスをしないかを考えてみてください。

オシャレな店だからこそ気をつけたい行動一覧

1. 店員さんに横柄な態度

これは男女ともに、やってる人は最悪ですね。

料理が遅い! と文句を言ったり、ちょっとしたミスを偉そうに説教するのは考えものですね。

見ているだけでも、かなり見苦しいです。

2. 値段に文句

「ボリュームの割に高いよね〜」などと、普段自分が行ってる店とくらべても、反発をくらうだけです。

基本そういった店は、雰囲気と場所でお金をとってます。

そういうものだと諦め、余計なことは言わないのが無難です。

男性には不思議な感じもしますが、女性にとってはボッタクリ価格ではないのです。

3. 空気を読まない

何も言わずにタバコ、下ネタ、大声、食べ方が汚いなど、その場に似合わない行動のすべてがKY認定です。

えぇ〜っと思う男性も多いかとは思いますが、そういうものなんです。

4. 知ったかぶり

いつもオシャレな店に行ってる人なら問題ないのですが、普段来ない場所について、ウンチクを語ったりするとボロが出ます。

女性は観察眼もするどいので、下手な知ったかぶりはやめた方がいいですよ。

一般的には、多くの男性より女性のほうがオシャレな店に行き慣れていますからね。

 

結構難しい女性との買い物デートの極意

女性とのデートで難しいとされるものの一つが、買い物デートです。

付き合う男性は実は嫌だと思うことが多いんですよね・・・

理由はたくさんありすぎて書ききれませんが、いくつか例を上げます。

  • 買い物デート中は商品ばかりを見ているので、自分を見てくれていない。
  • アドバイスをしたつもりが嫌な顔をされる。文句を言われる。
  • 金がかさむ。
  • 買い物時間が異常に長い。

他にもたくさんありますが、主なのは上記のような理由です。

ですが、買い物デートは女性と付き合う以上は避けては通れない道とも言えます。

ですので、買い物デート中に気を付けることをまとめてみます。

買い物デートで気を付ける発言と行動

01. もったいないという趣旨の発言と行動をさける

女性は男性視点から見ると、同じようなものや無駄に高いお菓子など、買いたがります。

ですがその時に、「あぁ〜もったいない」とか、「ネットならもっと安く買えるのに」といった発言をすると、ほっといてよ! と嫌がられます。

自分から買い物に付き合って! と言ってきても、上記のような感情を持つ女性は少なくありません。

ですので女性の金遣いに関しては、自分の稼いだお金内のことであれば、ある程度は多めに見てあげる寛大さを持ちましょう。

文句を言いたい気持ちをグッと我慢です。

02. 買い物デート自体を批判

買い物デート自体を批判するような言動は、「一緒にいたくないのかな?」という感情を女性にもたせてしまいます。

上手に誘導して次のデート場所に向かわせるか、ひたすら我慢する等、上手に相手女性に合わせましょう。

03. レディーファースト

車道を歩いたり、買い物の荷物を持ったりと、買い物デートはレディーファーストを発揮する場としては、見せ場が多くなります。

好印象を残す為にも上手にエスコートしてあげてください。

もちろん、女性のバッグまで持ったりする必要はなく、あくまで適度なレディーファーストが求められます。

 

買い物デートに付き合うのが好きな男性もまれにいますが、基本的には我慢と相手に合わせる度量が大事です。

買い物デートは結構難しいので、不用意な発言で女性の気分を壊さないよう、気をつけてくださいね。

 

一番大事なのはやはり会話

 

あなたは、会話の下手なイケメンと会話上手なブサメンなら、どちらに憧れますか?

おそらく、会話の下手なイケメンのほうがいいんじゃないでしょうか?

しかし実際にモテるのは、会話の上手なブサメンだとしたらどうですか?

ちょっと迷いませんか?笑

今回タイトルで、「会話が下手なイケメン VS 会話上手なブサメン」と書きましたが、わたし自信、イケメンよりもはるかにモテているブサメンを何度か見てきました。

彼らの一番の特技は、女の子を喜ばせる会話が上手であったということなのです。

ブサメンでも会話が上手なら、イケメンに勝つ!

ここでいう会話が上手というのは、聞き上手な人をさし、会話が下手とは聞き下手をさします。

聞き上手な人はモテるって言いますが、これが出来ると、モテレベルはかなり上がります。

イケメンの人は、女性との会話にかなり慣れていたりするので話し上手な人は多いのですが、聞き上手となると、大分人数は減ってきます。

まぁそれでも、それなりにモテるのがイケメンなのですが・・・

しかし、会話が下手な聞き下手は、自分の話ばかり、マシンガントーク、自慢のオンパレードと、喋れば喋るほどに墓穴をほっていく人がいます。

正直このレベルまできていれば、聞き上手のブサメンには、手も足もでず完敗することでしょう。

あなたも聞き上手を目指せば、イケメンに勝ることもあるのです。

もしあなたが既にイケメンなら、より一層モテることができるのです。

カワイイ彼女も思いのままに作れるようになるかもしれません。

会話のコツは、女性の話に共感することと、話を広げてあげることです。

ひとまず、この2点だけ守っていけば、誰しもが今よりはモテると思いますよ。

 

喧嘩腰な話し方は女性を恐がらせる

街を歩いていて会話に耳をすませていると、時折女性に対して喧嘩腰な話し方をしている男性をみかけます。

喧嘩腰な人の話し方は、女性に対して威圧的な印象をあたえ恐がらせてしまいます。

それに対して、話し方の印象がいい男性を見ていると、落ち着いてゆっくり話していることがよくわかります。

こういった男性は前者とくらべると、これだけでもモテ要素のひとつになります。

女性と話す時は心に余裕をもち、出来るだけゆっくり、さらには低めの重厚な声で話すように心がけてみてください。

そうすれば、あなたのモテ度も今より確実に上がるはずです。

喧嘩腰な話し方をする人とは?

一見いい人に見えるんだけど、実は喧嘩腰に話す人だったということがよくあります。

喧嘩腰の人は、自己主張が強かったり、頑固だったり、プライドが高い人に見られやすい傾向なので、身に覚えのある人は注意が必要です。

しかもこういうのって、クセになっているので気づいたら喧嘩腰に話していたってことも多いのです。

また、自分では自覚がないケースもあります。

喧嘩腰な話し方がバレてない間はいいかもしれませんが、こういった態度や話し方がバレると、女性からの好感度も急落してしまいます。

すぐ喧嘩腰になる人と、そうでない人、あなたはどちらの男性が魅力的ですか?

言うまでもないかもしれませんが、後者のはずです。

もちろん男性と話す時も同じですが、話す時はゆっくりと落ち着いて話すクセをつけてください。

また、喧嘩腰な話し方をする男性は、早口なことが多いです。

早口で話す男性は、女性から見ても自信のなさにみてとれる場合もあります。

喧嘩腰な話し方は、すぐに改善するのは難しいかもしれませんん。

しかし、1ヶ月くらい毎日続けていると、段々ゆっくり話すのにも慣れてくるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ネット用語は普段使いするとドン引きされる

昔ほどではないと思いますが、ネット用語と言われる言葉を普段の会話でも使っていると、やはりドン引きされることがあるようです。

理由は、「オタクなの?」と思われることや「何言ってるの?」と通じてないこともあるからなんだとか・・・

自覚がある人はやめた方が良さそうですね。

こんなことで評判を落としてしまうのは、もったいないですからね。

オタクは、日本の経済を支える大切な人たちですが、女性からの評判はあまりよくなさそうですね。

ドン引きされる可能性のある、有名なネット用語

「クソワロタ」「オモシロス」「ざまぁ」「だが断る」などのネット用語は、有名なので、どこかしらで耳にしたことはあると思います。

まぁ連発しなければ、そんなに気にはならないと思いますが、ネット用語は連発することで、自身の株を大きく下げてしまいます。

あとは、メールやLINEでもこれらのネット用語を使う人がいますが、これはウザがられると思います。

メールやLINEでも注意するべきネット用語

  • 語尾が「〜だお。」
  • 「wwwwwwwww」など、wが多すぎる。
  • 〜乙。
  • テヘペロ。
  • リア充。

ここらへんのネット用語をメールやLINEで連発している人は要注意かもしれません。

wwwの連呼は意味不明なので普段の会話では使わないと思いますが、それ以外にあげたネット用語は使ってしまう人もいると思います。

男女問わずネット用語を嫌がる人は多いので、なるべく使わないように気をつけた方がいいですよ。

 

 

話をするときは目を見て話そう

昔からの定番モテテクとして、目を見つめる、目を見て話すというのがありますよね?

ビジネスシーンでも大切なことなのですが、これができない人多すぎなんです。


うまく使えばモテテクになる目を見つめて話すテクニックですが、目を見ることに気をとられて話を聞いてなかったり、にらんでるように見えてしまったり・・・

ですので、効果のなかったモテテクとして取り上げられることが多いのも事実です。

しかし、逆に考えてみて、目をすぐにそらしたりキョロキョロしている男性を見てどう思いますか?

頼りなさそう、挙動不審で自信がないのかな?と、あまりプラスのイメージはわかないはずです。

また、ちゃんと目を見て話ができないと、真剣に話を聞いているのかな?といった不信感を持たれてしまう恐れもあります。

ちなみに緊張してて可愛いなどの例外はのぞいてますよ!笑

目を見て話す、目を見つめることは、自信のあらわれや堂々とした態度を演出します。

これらは恋愛でもプラスに働くことが多いのです。

目を見て話すことができない人も、人の話は目を見ながら聞く。不必要に目をそらさないように意識してみましょう。

目を見つめる、目を見て話すことが苦手な男性のために

実はわたしも目を見て話すのは結構苦手です。

ですが、周りからは目を見て話をしているように見えているみたいです。

それは、相手の目を見ているのではなく、眉間のあたりに視線をおいて見ているからです。

これだけでも、目を見ている、真剣に話を聞いていると思われます。

目を見るテクニック、見つめるテクニックは、得することの方が多いので、ぜひ今日からでも試してほしいですね。