チャットアプリは大きく分けて

・婚活

・恋活(マッチングアプリ)

・出会い系

という3種類に分けられます。

 

簡単に説明すると、

婚活サイトは真面目に出会いを探している人や、

結婚前提で付き合いたいという人が当然多いです。

結婚サービスを提供している大手企業などが

ネットの婚活サイトを運営しているケースが多いです。

 

知名度や安全性は高いかもしれませんが、

利用料金も少し高めで、堅苦しいと感じる人もいるかもしれません。

 

出会い系サイトは、少しアダルト寄りな男女の出会いを求める人の利用が多いです。

しかし最近は出会い系サイトも怪しさを払拭するために

恋活やSNS寄りのサービスを増やしたり、

健全性を前面に押す宣伝をするサイトも増えてきました。

 

ただ、大手でないとサクラや他サイトへの誘導業者がいたりして

出会えなかったり、危険なこともあると聞きます。

また、マッチング形式でないため、

女性は興味のない男性からも

メールがきてしまうということがあります。

 

マッチングアプリに関しては、婚活サイトと出会い系のいい部分を合わせたような感じで、

婚活というほど堅苦しくなく、出会い系というほど怪しくなく、

彼氏や彼女を探したい人や、友達から仲良くなりたい人に

受け入れられるサービスです。

 

チャットアプリの主な違い比較

年齢制限や年齢認証はどれも必須

自宅そして外出先でも見ることができるチャットアプリですが、

最初にしなくてはいけないのが会員登録です。

 

登録方法はいたって簡単で画面どおりに入力をしていくだけで登録できるようになっています。

恋活アプリに登録するときの登録方法では最後の段階で年齢制限のための年齢認証をするようになっており、

18歳未満の男女は利用することができないようになっていますので

電話番号で年齢認証をしなくてはいけません。

この年齢認証をすることで

未成年がトラブルに巻き込まれないようにしているので安心して利用できます。

 

最近は出会い系サイトも年齢確認が義務付けられています。

もし年齢確認がない出会い系サイトだとしたら、

それは悪質サイトの場合があるので注意が必要です。

 

 

出会い方の違いについて

よい恋愛をするためには気があう異性と出会うことが大事になりますので、

たくさんの異性との出会いと言うのも必要になってきます。

恋活アプリも婚活サイトも出会い系も、

スマホから登録ができ、

登録方法はサイトにアクセスすれば個人情報の登録をしていくだけになっています。

 

マッチングアプリに関しては、フェイスブックなどに登録していることが条件のところが多く、

怪しい人や悪徳業者などが利用しづらく安全性が高いです。

 

性別や名前そして年齢や仕事などを入力していけば年齢認証をして登録ができるようになり、

登録したら自分のプロフィールの作成をします。

 

出会い系サイトの場合は登録を済ませたら

異性のプロフィールを検索し、

好みの異性がいればアプローチをしてメールをやり取りします。

婚活サイトも同じパターンの業者が多いです。

 

しかし、恋活アプリの方はマッチングという方式を取っており、

ランダムに表示されるプロフィールや写真などを振り分けていき、

お互いがいいねなど良い評価をした場合のみ

個人間でチャットができようになります。

 

自分が興味を持った人からしかメールが来ないので、

受信ボックスがいっぱいになってしまって

返事をするのが疲れたなどということはありません。

 

マッチングアプリはイメージも清楚でクールな感じなので、

若い世代ではマッチングアプリをやっているというのは

恥ずかしいことではないという認識が一般的です。

 

友達同士で話などをしていても堂々と話せるというのも

婚活サイトや出会い系とは違う点です。

 

料金形態の違いについて

恋活アプリの多くは月額料金を設定した課金方法を採っていますが、

こちらも女性の側は無料で利用できるケースが大半です。

男性に対してのみ課金され、月額2000円〜4000円前後程度のお金が必要です。

使い放題でメールなども気にせずできます。

これに対し、出会い系サイトの場合は月額制でなく、

ポイント購入制の業者が多いです。

前払い制なので、自分でいくらくらい使うかを決めて

ポイントがなくなったらその都度入金していきます。